文化庁委託事業

ウィズコロナにおける
オンライン
日本語教育
実証事業

主 催
JR西日本コミュニケーションズ

公募申請
受付中

公募申請をご検討のみなさま
説明会録画の視聴、公募の手引き、
申込書(申請書)のダウンロード、
Q&A、新着情報等をご覧いただけます。
詳しくはこちらへ
教材をご検討のみなさま
動画教材、姫路城VR、機材レンタル、
オンライン教材、日本語教師研修、
報告会他をご覧いただけます。
詳しくはこちらへ

事業の趣旨

新型コロナウイルス感染拡大による入国制限等の影響により、我が国に入国できない外国人留学生が増加の一途を辿っている。令和3年11月からの水際対策に係る新たな措置により段階的に外国人留学生の受入れが開始されたものの、オミクロン株の影響もあって、外国人の入国制限措置が継続されている状況にある。
コロナ禍でオンライン教育は増えてきているものの、各機関の取り組みは区々であり、質の高い日本語教育をオンライン環境において実現することは必要不可欠と考え、本事業は、入国が困難な外国人留学生への日本語教育環境を構築するため、オンラインを活用した日本語教育を実証することで、ウィズコロナにおける持続的な日本語教育のあり方を検討する。

  1. ① 実施者
    本事業において日本語教育を行う機関は以下のすべてを満たす機関とする。
    • ◎出入国管理及び難民認定法第7条第1項第2号の基準を定める省令の表の法別表第一の四の表の留学の項の下欄に掲げる活動の項の下欄の規定より法務大臣が告示をもって定める外国人等に対する日本語教育を行う機関(いわゆる「法務省告示校」のこと)。
    • ◎出入国在留管理庁において令和3年に留学生の在籍管理が適正に行われていると認められる教育機関(いわゆる「適正校」のこと)。ただし、令和2年に適正校であったものの、新型コロナウイルス感染症の影響をもって入国した留学生数が減少したことにより、令和3年において適正校でなくなった機関や令和4年2月10日までに告示された新設校は含む。
  2. ② 対象とする外国人留学生等
    • 本事業の対象とする外国人留学生は、日本語教育機関への出願資格要件を満たし、日本語教育機関が日本留学への意思を確認した者を含めることを要件とする(1名以上)。ただし、令和5年度に出願資格要件を満たす見込みの者を対象に含めることを可とする。なお、上記の外国人留学生以外の対象者を含めることができる。

実証内容(公募内容)

本事業では、「実証事業」という趣旨を鑑み、多くの日本語教育機関による多様な「オンライン日本語教育」が実証されることを要件とする。
日本語教育において、進学、就職等のニーズから既存の日本語教育の枠を超えて将来の教育内容・教育環境も見据えた日本語教育のモデルを提示すること。なお、実際の日本語教育で実施される多様なオンライン日本語教育については、以下の実証例を参照し可能な限り多くの組み合わせを実証するとともに、例にないものについても必要であれば実証すること。
なお、日本語教育機関が行うオンライン日本語教育の実証には、以下の必要な取組を含めることができる。

  • (取組例)
    • ・オンライン日本語教育の授業・セミナー等
    • ・オンライン日本語教育のカリキュラムの検討及び作成
    • ・オンライン日本語教育の教材の作成
    • ・オンライン日本語教育の日本語教師等研修
    • ・オンライン日本語教育に関連する取組(受講者の募集等の周知、オンライン環境確保等)等
  • 【実証例】
    以下の「オンライン教育手法」「日本語教育の内容・指導法・評価手法」を組み合わせて、多様な内容の日本語教育を幅広く実証すること。
    • 〇「ハイブリッド型」・・・対面授業とオンライン授業を組み合わせたもの
    • 〇「オンデマンド型」・・・録画した授業を配信するもの(反転授業の事前学習等)
    • 〇「ハイフレックス型」・・・ハイブリッド型とオンデマンド型を組み合わせたもの (日本語教育の内容・手法)
    • 〇進学(大学、大学院、専門学校等)、就職(ビジネス)、一般(日常生活、一般教養等)の「コース別」
    • 〇初級、中級、上級あるいは「日本語教育の参照枠」に示されたA1、A2、B1、B2、C1の「レベル別」
    • 〇読む、書く、話す(やりとり・発表)、聞く等の言語活動による「教育内容(授業科目)別」
    • 〇漢字圏・非漢字圏等の言語種別

実証方法(コース作成のルール)

●いろいろなパターンのオンライン授業を実施することで、効果的なオンライン授業の在り方を評価・分析する

分析を行うために必要な項目は4つ レベル ①A1②A2③B1④B2⑤C 5つのレベルから1つ選択 スタイル ①オンラインのみ②ハイブリッド③オンデマンド④ハイフレックス 4つのスタイルから1つ選択 目的 ①進学②就職③一般 3つの目的から1つ選択 言語活動 ①話す(やりとり)②話す(発表)③聞く④読む⑤書く⑥日本事情・日本理解⑦その他 7つの言語活動のどれが勉強できるのか 分析を行うために必要な項目は4つ レベル ①A1②A2③B1④B2⑤C 5つのレベルから1つ選択 スタイル ①オンラインのみ②ハイブリッド③オンデマンド④ハイフレックス 4つのスタイルから1つ選択 目的 ①進学②就職③一般 3つの目的から1つ選択 言語活動 ①話す(やりとり)②話す(発表)③聞く④読む⑤書く⑥日本事情・日本理解⑦その他 7つの言語活動のどれが勉強できるのか

本事業は、一般社団法人全国日本語学校連合会
(JaLSA)様

パートナーシップを組み、
株式会社JR西日本コミュニケーションズが
採択民間団体として、
文化庁から
「ウィズコロナにおけるオンライン日本語教育
実証事業」
の事業委託を受けております。
会員の皆様のお役に立てるよう努めてまいります。
また、会員以外の皆様のお申込みも
歓迎しております。

一般社団法人
全国日本語学校連合会(JaLSA)様より

全国の日本語教育機関の皆様へ

この度は、㈱JR西日本コミュニケーションの
ご協力を頂いて、
文化庁の
「ウィズコロナにおけるオンライン日本語
教育実証事業」を
実施することとなりました。
コロナ禍で入国制限を受けている
人達だけでなく、
日本に興味を持つ人達にも
広く参加して頂き、
多くの日本語教育機関様にも
参加して頂ければ幸甚です。
全国日本語学校連合会
副理事長 長岡博司

お問い合わせ

文化庁委託事業「ウィズコロナにおける
オンライン日本語教育実証事業」
主催 JR西日本コミュニケーションズ

メール:jr-nihongo@jcomm01.onmicrosoft.com  
電話:080-4981-9117 090-6531-4417 06-6344-5802
お問い合わせ対応時間:平日10:00~17:30 (土日祝、年末年始を除く)

※担当者不在時は折り返しご連絡いたします。
翌日以降のご連絡になる場合もございますのでご了承ください。

個人情報の取扱いに関する基本方針はこちらをご覧ください。